FXは博打じゃない

資産運用とFX

FXの仕組み

FXは為替の変動を使い、差額で利益をだす資産運用です。
為替は朝のニュースでよくドルやユーロの情報が伝えられていますよね。
経済に特化したニュースならほかの通貨についても教えてくれます。

例えばアメリカ旅行を考えていたあなたは1ドル110円で500ドル分、55000円で換金しました。
数日してアメリカ旅行が中止になって、残念な気持ちで日本円に換金に行きました。
ところがレートが変わっていたせいで、換金後60000円でした!
レートを確認すると、1ドルが120円になっていたからでした。
今回の場合、元々持っていた55000円が60000円になったので、差額の5000円が利益です。

「5000円の利益だけでは、資産運用にもならないし、お小遣いの足しにもならない」と思ってしまうかと思いますが、
この利益を大幅に上げることができる仕組みがFXにはあります。

レバレッジ効果やロスカット

レバレッジというのはテコのことです。
テコを使えば、小さい力で大きなものを動かせるようになりますね。
FXでもそういったことができるようになっています。

FXでは手持ちの資金が少なくても一時的に借り入れを行い、まとめた資金の投資を行うことができます。
先ほどの話ですと、例えば最初500ドルではなく、100倍の50000ドルを買っていたら利益も100倍で50万の利益になります。
資金がその時点で少なくても大きな金額で投資をすることが可能になります。

このとき心配になるのが、逆に大きな損になっていたら?ということだと思います。
過去には実際にレバレッジ効果を使い、破産した人もいます。
ただそういった人々を出さないためにあるのが、ロスカットです。
これを始めに設定しておけば、一定の損失が出たときに自動的に取引を終えることができます。


この記事をシェアする